高血圧と女性の関係

正常な血圧を表示する血圧計高血圧と聞くと何となく男性に多い病気のように思えますが、実は女性にとっても高血圧は深刻な問題です。特に、閉経前後の更年期に高血圧を患う女性は一気に増加するので、30代では正常だった血圧が40代を過ぎた途端に一気に上昇してしまう方も少なくありません。

厚生労働省のデータでは、女性の40代の約4人に1人、50代では2人に1人が高血圧という調査報告があり、男性同様女性の高血圧患者がいかに多いかが分かります。

更年期と高血圧の関係

更年期を迎えるとなぜ高血圧になるのでしょう?

これには、女性ホルモンのエストロゲンが関係しています。エストロゲンは女性の体の機能ほぼすべてにかかわるホルモンです。生理や妊娠などのほかに、女性らしい丸みのある体を作るのもエストロゲンですし、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り出すのもエストロゲンです。

これ以外にも丈夫な骨を作ったり、自律神経のバランスを整えたりするのもエストロゲンが関係しています。そして、血圧に関してはエストロゲンが血管の拡張作用や柔軟作用を担っているのです。

閉経に向かうとともに、女性はエストロゲンの分泌が低下をしていき、血管が弱くなり、コレステロールや中性脂肪などが血管内部にこびりつきやすくなることでも、高血圧をまねいてしまいます。

更年期性高血圧にならないための予防策

高血圧を放っておくと自覚症状がないまま、動脈硬化が起こりある日突然脳卒中になってしまったなんていうことがよくあります。

このような残念な結果にならないよう、日頃から自分の血圧をしっかりと把握しておくことはとても大切なことです。高血圧の予防として有益なものに、適度な運動(有酸素運動が好ましい)、6時間以上の睡眠、減塩を意識した食生活、ストレスを感じない生活を送る、などがあります。

実際に高血圧患者の治療でもこれらの生活習慣を改善することで血圧が正常値に戻る方も多くいるので、普段からこのようなことを心がけることは、更年期性高血圧を予防するためにも有益な手段となります。

最近では、高血圧対策のサプリメントなどもさまざまなものが出ているので、そうしたものも併用するとなお良いでしょう。

コメントは受け付けていません。