妊娠時の高血圧

高血圧でも空にハートを掲げる手妊娠している方が高血圧になると、母子ともに危険にさらされることもあるため、絶対に避けなければならない病気です。しかしながら、どんなに気を付けても妊娠高血圧症候群になってしまう方もいます。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降~分娩後12週までに高血圧の数値が出た方、さらには、高血圧に加え蛋白尿が認められたときに診断される病気です。妊婦さんの20人に1人が発症していて、32週以降に発症している方がほとんどというデータが出ています。

妊娠高血圧症候群が引き起こす問題

妊娠中の方が高血圧になると、高血圧本来の体への負担はさることながら、胎児への影響が大きな問題となっています。妊娠後期になると母体は胎児に大量の血液を送るため、妊娠していないときに比べて、血流の量が1.5倍程度になります。

ところが、妊娠高血圧症候群の場合には、血管が拡張されず高血圧を引き起こし、胎児に十分な血液や栄養の供給ができなくなってしまいます。

これにより、低出生体重児や常位胎盤早期剥離などのほか、最悪の場合には胎児死亡や新生児仮死などにもつながります。また、母体については子癇や、高血圧脳症などのリスクが高まります。

妊娠高血圧症候群になりやすいひと

妊娠高血圧症候群になりやすい方の特徴は、高齢出産(35歳以上)、高血圧や腎疾患、糖尿病などの病気、肥満などがあり、これに該当する方は特に注意が必要です。

また、初産の方についても、妊娠に対する免疫が低いため妊娠高血圧症候群になりやすいと言われています。残念ながら、妊娠高血圧症候群の確かな予防法は未だ確立されていません。

生活習慣を改め、食事内容に気を使っていても、なる時にはなってしまうのです。しかし、普段から高血圧になりにくい食事を摂り、適度に体を動かすことを心がけたりすることで、少なからずとも多少の予防にはなると言われています。

特に食事の面においては、塩分の摂り過ぎに気を付けるだけでなく、高血圧予防になるペプチド(ゴマに多く含まれる)やDHA(青魚に多く含まれる)を積極的に摂るようにすることが大切です。

コメントは受け付けていません。