DHA・EPAと高血圧の関係

高血圧になる原因としては、血液の圧力が高くなることです。血圧は常に一定ではなく、体調などの少しの変化でも変わってくるので一時的に血圧が上がるというこことはよくあります。

しかし、血圧が常に高い状態になってしまうと心臓や血管、脳などに負担がかかり他の病気を誘発してしまうのです。けっこう驚きなのですが、高血圧の原因は、実はまだ確実にはわかっていません。

もちろん、塩分の摂りすぎといった高血圧の原因もあるのですが、塩分を多く摂っていないという人でも高血圧の人がいるためそれだけが原因とはいえないのです。

確実に血圧が高くなる原因として知られているのが、加齢の影響です。歳をとってくるち、血管壁が徐々に固くなってくるのでその影響で高血圧になるのです。血管に柔軟性がなくなると、血液を全身に行き渡らせるために心臓もかなりの労力が必要になって負担も大きくなるのです。

DHA/EPAと高血圧の関係

さて、DHA・EPAと高血圧の関係ですが、DHA・EPAの効果についてみてみましょう。今回は便宜上DHA・EPAとしましたが、正確に言うとDHAは脳の神経に関連する成分で、EPAは血液サラサラに関する成分。どちらかというと、EPAの方が高血圧には関係があるのです。

EPAの効果

EPAは血管や血液の健康に重要な栄養素で青魚などに多く含まれます。

血液をサラサラにする
中性脂肪値を下げる
血管年齢を若く保つ
心臓病・脳梗塞を防ぐ
動脈硬化を防ぐ

参考:EPAとは?

EPAには上記のような効果があり、当然血液がサラサラになって血流がよくなるので心臓への負担がかからず高血圧にもよい影響をもたらします。

EPAは青魚に多く含まれているため、毎日の食事や食事で毎日用意するのが手間であればサプリメントなどから摂取することができます。

サプリメントなどは、本当に効果があるのか?騙されていないか?などと心配になることもありますが、EPAは薬の成分にも使われているので血流への効果のほどはかなり信頼ができると考えられるでしょう。

DHA・EPAを食材から摂るには

では、実際にDHA・EPAを摂取するには魚を食べることにつきます。サバやイワシ、サンマなどの青魚などに多く含まれています。

ちなみに厚生省が推奨するDHA/EPAの摂取目安は1日あたり1,000mgです。サバ1切れ(約100g)で含まれるEPAの量は約1,200mgなので毎日昼か夜にでも青魚を食べれば一日分のEPAは摂取できる計算になります。

DHA・EPAは魚にしか含まれていないため、魚を食べずにDHA・EPAを補給するなら栄養成分を凝縮したサプリを使うのがよさそうです。サプリを使用することで魚嫌いな人でも、確実にDHA/EPAを補給できるでしょう。

参考:【最新版】DHA・EPAサプリメントおすすめランキング

コメントは受け付けていません。