高血圧について知ろう

高血圧はどういう状態?

検査結果の表血圧とは、体を通る血液が血管に与える圧のことを指します。イメージとしては、ホースに流れる水を思い浮かべてください。

ホースを流れる水の量が多いとホースは硬くなりますが、水の量が少ないとホース自体は柔らかく水圧は少ない状態です。このような状態が体の血管でもおこなわれているのです。

そして、高血圧とは、この圧が常に高い状態を差します。また血圧を測定するさいに、上(最大血圧)と下(最少血圧)の数値がでます。

上は心臓から血液が送り出されるときの圧の数値で、下は血液が送り出されきったときの数値です。高血圧と診断される数値は、上(最高血圧)140以上、下(最低血圧)90以上です。

高血圧が体に与えるダメージとは

血圧が高くなると血管は圧力に耐えるために血管壁が厚くなり、血液の通り道は細くなります。また、血管が傷つきやすくなりその部分にコレステロールなどが溜まると、さらに内壁は狭くなってしまいます。

これを放っておくと血管は動脈硬化となり、そこから脳卒中や心筋梗塞、腎不全などの合併症をまねく可能性が高いため、高血圧のかたは注意が必要なのです。

高血圧は何故なるのか

高血圧の原因は生活習慣によるものがほとんどです。まれに遺伝によって血圧が高い方もいますが、これについても多少なりとも生活環境が影響しているようです。

このため血圧が高いと診断されたら先ずは日頃の生活を見直すことが大切になります。血圧を正常に保つためには、塩分の多い食事やアルコール、喫煙を控えることを考えるのが第一です。

血圧を測る医者また、極度のストレスやプレッシャーなども血圧を高くしてしまう要因のため、自分なりのストレス発散法などを見出しておくと良いです。高血圧症と診断された場合には、食事と運動、そして投薬での治療になりますが、一度高血圧症になってしまうと治療が大変です。

高血圧になる前に、日頃から食生活に気を付け、適度な運動で血管を丈夫にして予防を心がけましょう。最近では、高血圧予防サプリなどもたくさん出ているので、生活改善と合わせて一緒に摂取するのもおすすめです。

高血圧は別名『サイレントキラー』ともいわれるほど、自覚症状が全くない恐ろしい病気です。血圧が高くなると血管自体が弱くなり、コレステロールが血中内壁にたまりやすくなります。

そして動脈硬化を起こしますがこの段階では体の不調などもありません。しかし放っておくと知らない間に血管に相当なダメージを与えることになり、気づいたら重大な病気となってしまうのです。

高血圧による脳にまつわる合併症

高血圧により脳の血管が動脈硬化を起こすと、その場所に血栓が詰まり脳梗塞を引き起こします。血栓が血中に詰まることで、脳への酸素や栄養の供給ができない状態となり脳に大きな障害をもたらします。

重症の場合には、言語障害や片麻痺、意識障害などといった重度の後遺症を発症することもあります。脳の血管が切れて生じる脳出血やくも膜下出血も高血圧によって発症する病気です。

脳梗塞同様、高血圧を放っておくことで突然発症しますが、重症の場合には死に至ることもあります。また、死に至らない場合にも言語障害や片麻痺などの後遺症が残ることが多くある病気です。

高血圧による心臓にまつわる合併症

高血圧の状態は、心臓が強い圧力で血液を送り出すため、心臓の壁が厚くなってしまう心肥大を引き起こしやすくなります。心肥大が続くと、心臓は柔軟性を失い硬くなってしまいます。

これが心不全につながり動機や息切れなどが見られるようになります。また、高血圧により心臓の冠動脈が動脈硬化を引き起こすと、心臓への血液供給が滞り、狭心症の原因にもなります。

さらに、冠動脈に血栓ができることで、血液の供給が完全に停止をすると、心臓の一部が壊死になってしまう心筋梗塞のリスクも高くなります。

高血圧によるその他の合併症

このほか、高血圧によって人腎臓の動脈硬化が進むと、腎機能が低下をして腎障害や腎硬化症などの病気が発症します。腎障害などは自覚症状がほとんどなく、進行も遅いため発見されにくい病気ですが、これが進むと腎不全を引き起こしてしまいます。また、高血圧によって糖尿病の発生率が高くなることも研究データで結果が出ています。

高血圧を引き起こす生活習慣

生活習慣病でピザを食べてはいけない高血圧の方のほとんどが、本能性高血圧という原因不明のものによるものですが、その多くは生活習慣が大きく関係していると言われています。

また、塩分を摂り過ぎたり、ストレスを感じたりすることでも、高血圧になりやすいことは比較的知られていることですが、意外にも猫背や肩こり、睡眠不足などでも高血圧を助長してしまうことがあります。

猫背の人は高血圧になりやすい?

常に姿勢が前かがみになっている状態のことを猫背といいますが、この状態が続くと高血圧リスクが高まることは医学的にも証明されています。

前かがみの姿勢は、内臓が圧迫され内臓機能の低下につながることが高血圧と関係しています。内臓が圧迫されることで、心臓から体に送られるときの血流が悪くなります。

しかし心臓自体はしっかりと全身に血液を送りたいと考えるため、いつもよりも圧を加えて血流を良くするのです。これにより血圧が上昇し高血圧につながります。

肩凝りの人は高血圧になりやすい?

猫背同様、肩凝りの方も高血圧になりやすいと言われています。肩凝りは、肩周りの血流が悪くなり、その結果、周辺の筋肉が動きにくくなってしまう状態です。

肩凝りと高血圧の関係は、その位置にあります。肩は心臓と近い位置にあるため、肩周辺の血流が滞ると、心臓はそれを感知して血流を良くしようと圧を加えます。

しかしながら、肩周辺の血流が改善されないまま、心臓からの圧だけが加わればとうぜん血圧は高くなり高血圧につながるというわけです。

睡眠不足の人は高血圧になりやすい?

就寝時間になってもなかなか寝付けない方や、眠りについても何度も夜中に目が覚めてしまう方なども高血圧になりやすいです。

血圧は通常、起床したときから上昇を始め、夕方くらいから夜にかけて低下をしていきます。そして睡眠中にはもっとも血圧が低い状態になります。

ところが、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりすることで、夜になっても血圧の数値が下がらす日中と同じ数値になってしまいます。これが慢性化をすることで、高血圧につながるのです。

高血圧の治療は?

日本においては40代以降の2人に1人は高血圧患者という、まさに国民病とも言えるほど高血圧を患っている方は多くいます。高血圧の原因は、生活習慣によるものがほとんどで、不規則な生活や、食生活の乱れ、喫煙や飲酒などにより誰もが陥ってしまいます。

高血圧になったからと言って特に自覚症状もないので、血圧数値が高いだけだと思ってしまい再検査や治療を放置しておくと、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすので、健康診断で高血圧と診断をされたら速やかに治療を受けることをおすすめします。

高血圧の治療法

健康診断で高血圧と診断をされた場合、再検査をして治療をする必要があります。

現在の高血圧の治療方法は、薬剤・食事・運動の3つを基本としています。その人の数値の状態によっても治療内容は異なり、症状が軽いとみなされれば、薬剤を使用せずに食事と運動のみの治療となります。

食事療法では、血圧を下げるため、ある程度の食事制限が設けられますが、しっかりと守ることで比較的すぐに血圧を下げることも可能です。

食事療法の一例には、減塩目標1日6g未満、野菜と果実の積極的摂取、アルコール制限、などの規則があり、これを日々実践していき血圧を下げていきます。

また、運動療法では、有酸素運動を毎日30分以上おこなうことが理想とされていて、食事と合わせておこなうことで血圧の低下につながると言われています。

高血圧の薬の投与

血圧の高さが異常値の場合には、速やかに血圧を低下させる必要があるため、薬を使っての治療になります。血圧の薬にはいろいろなものがあり、血管を広げて血圧を下げるものや、心臓の働き自体を抑えて血圧を下げるもの、血管の収縮を抑えて血圧を下げるものなどがあります。

どの薬を投与するかは、血圧の数値や体の状態などによって医師が決定をしますが、いずれにしても血管に作用する薬なので副作用などの点でも心配です。

なるべくなら、薬に頼らず運動や食事だけで改善をしたいですが、高血圧を放っておくことで血圧はどんどん上がり、やがては薬剤治療が必要となってしまうので、早い段階で治療に取り組むことが大切です。

塩分が高血圧を引き起こす理由とは

高血圧の方にとってカリウムは大敵と言われています。しかしながら、本来カリウムは人間の健康を維持するために、とても必要なミネラルでもあります。

とうぜん、どんな栄養素にしても摂り過ぎは体に良くありませんが、高血圧の方に関してなぜカリウムの摂り過ぎが良くないのでしょう?カリウムと高血圧の関係について、実はいまだ研究途上のことであり、詳しい原因ははっきりしていないのが現状です。

しかしながら、実際に塩分過多が高血圧をまねくことは事実であり、そのような結果になってしまう要因にはいくつか考えられます。

高血圧と浸透圧の関係

しょっぱいものなどを食べると喉が渇き水が飲みたくなります。これはもともと人間が持っている体液のナトリウム量を超えてしまったために、体の機能が体液バランスを保とうとしているからです。私たちが毎日の生活で摂る塩は、塩化ナトリウムという物質です。

ナトリウムは細胞外液(細胞以外の体液)に存在して、ナトリウム濃度を一定に保つ働きをしています。ところが、食事などで塩分を摂り過ぎてしまうと、細胞外液のカリウム濃度が高くなり、正常な細胞の活動ができなくなるため、水分を補給して濃度を正常に保つように働きかけています。

そして、このような状態になると血液は大量の体液交換をするようになるため、血流に圧がかかり血圧が高くなってしまうと考えられています。

必要以上のナトリウムは血管に浸透してしまう

必要以上にナトリウムを摂ってしまった場合、行き場をなくしたナトリウムは血管壁の細胞の中に入り込む性質を持っています。

高血圧の方の血管はもろくなっているため、健康な方に比べてナトリウムも浸透しやすくなっています。そして、ナトリウムが血管に浸透をしてしまうとさらに血管を狭くしてしまい、余計に血圧を上げてしまうという悪循環をまねくのです。

このような事から塩分の摂り過ぎが高血圧をまねくと言われているので、血圧を気にするのあれば塩分には気を付けたいものです。

本能性高血圧について

高血圧の方の約9割が本能性高血圧と言われています。高血圧と診断をされたときに、さまざまな検査をして要因を探りますが、はっきりとした要因が見つからない場合に本能性高血圧と診断されます。

具体的な要因ははっきりとしませんが、このような場合には遺伝的要素によるものと、日頃の生活習慣などが影響をしていると考えられています。

つまり親族に高血圧の方がいればその遺伝を引き継ぎ、高血圧になることもあるのです。また、生活習慣という点では、塩分の摂り過ぎや、過度なアルコール摂取、喫煙、ストレスなどで高血圧をまねくので、こういった習慣がある方は本能性高血圧になりやすいと言えます。

このため、本能性高血圧の治療は食生活と生活習慣の見直しから始まることがほとんどです。

二次性高血圧について

高血圧になる原因が明確な場合に、二次性高血圧と診断されます。二次性高血圧の患者は、高血圧患者全体の1割にも満たないくらい少なく、若い方が発症することが多いのが特徴です。

二次性高血圧の原因は主に、

1.腎臓機能異常により起こる腎性高血圧
2.腎臓の血管異常により起こる腎血管性高血圧
3.大血管の疾患により起こる高血圧
4.ホルモン異常が原因となって起こる内分泌性高血圧

以上の4つのうちいずれかが原因で高血圧につながっている場合がほとんどです。

このほか、副腎皮質系ステロイドや経口避妊薬などの服用によっても高血圧となる場合があり、この場合にも二次性高血圧と診断されます。二次性高血圧は原因が解明されているため、本来の病気を治すことで高血圧も改善されます。

高血圧対策の食品やサプリメント

日本人に多い高血圧。原因は乱れた食生活や不規則な生活、喫煙や飲酒、運動不足など生活習慣によるものがほとんどです。

高血圧だからと言って、すぐに体に不調が起こるわけではありませんが、放っておくことで動脈硬化を引き起こし、やがては心筋梗塞や脳卒中などにつながるため、血圧が日頃から高めの方は、食生活などの見直しが必要です。

健康診断の結果で高血圧と出た場合、治療が必要となりますが軽度の場合であれば食事と運動による治療で改善ができます。

血圧が高い方におすすめの食品

最近では高血圧対策のサプリメントも多く出ていて、そのほとんどは私たちが日ごろ口にしている食品を成分にしています。つまり、通常の食事からでも高血圧対策となる成分を補えるということです。

高血圧に有益な食品として知られるものはたくさんありますが、なかでも、ゴマなどに含まれるペプチドは、血管の収縮を抑制して血圧上昇を抑える作用があることで知られています。

イワシやカツオなどの青魚に含まれるDHAとEPAは、血液をサラサラにして、動脈硬化の予防改善につながるため、血圧の上昇を抑えられます。

また、リンゴやほうれん草、バナナなどに含まれるカリウムは、細胞内に過剰に取り込まれたナトリウム(塩分)を排出する作用があり、血圧を正常な数値に戻す作用があるあります。

食事に自信がない人にはサプリメントがおすすめ

毎日の食事のなかで、これらの成分を含む食品をしっかり摂ることが高血圧の予防と改善につながります。とはいえ、毎回の食事でこれらの栄養素をしっかりと補うのは意外と大変という方も少なくありません。

そんなときには、高血圧対策のサプリメントを利用するのも賢い選択です。サプリメントには高血圧対策になるさまざまな成分が含まれているため、食事では補うことが難しい栄養分などを簡単に摂ることができます。

血液サラサラは運動や食事で解決しようとすると大変ですが、サプリメントだと手軽に実現できます。血液をサラサラにする成分はEPAやナットウキナーゼ、玉ねぎのケルセチンなど毎日摂れば血液がスムーズに流れて高血圧の予防にもなります。

URL:http://sarasara.tank.jp

だからといってサプリメントばかりに頼るばかりでは経済的にも負担がかかります。毎日の食事においてもできるだけバランス良く栄養を取り、適度な運動を合わせて心がけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。